辻本さんへ、スターになってください

お久しぶりです☺️

 

 昨日は「辻本達規 祝☆28歳バースデーイベント」に行ってきました。ようやく、ようやく推しのバイベに行けました。

f:id:anne44149trb153:20190517103804j:image

 

 イベントの内容については沢山の方がレポされているので、そこら辺は放っといて自分の感想感情を書いていきます。

 

 

 

 まずグッときたのが会場に赤いペンライトしか燈っていなかったこと。いや当たり前〜〜!!!なのですがここで“辻本くんを応援してる人が全国から名古屋に集まってるバースデーイベントに自分がいる”状況を理解して感慨深くなりました。

 

 そして「誕生日を祝われる側がわざわざ準備してこちらにエンタメを提供してくれるんだ…」とありがたさを感じながらイベントを過ごしました。(これについては辻本くんも話していたのでどこか安心)

 

 辻本くんって大衆イメージはガヤ芸人なのにソロイベントではバラードや沁みる曲を多く歌ったり、オタクが「かわいい〜…」と言ってしまうような行動をしたり、そういうところがずるいですよね〜!ギャップに溺れるばかりです。

 

 更に再確認したのは「辻本くんのオタクは辻本くんに激甘」ということです。イベント中に会場のあちらこちらからだだ漏れる「かわいい〜…」の声。

 終演後のハイタッチのために再登場しお手振りをする辻本くんに会場全体が「かわいい〜…」と言った時はこの会場のヤバさを感じました。もちろん私も言ってしまいました。あれは言うんじゃなくて言ってしまうものなのです。自我を辻本くんのプリティーに持っていかれる。

 

 イベント全体を通して辻本くんは優しい人だなと。わざわざ移動しにくいシアターで下に降りてきて全員とハイタッチしてくださったり、今と昔のボイメンについて語りながら「守る」と言ってくれたり。

 こちらがなぜ?と思うほど真っ直ぐな芯を持っていて、信じる対象として申し訳ないほどに信じています。(ちなみに私の辻本くんへの“信”は“信頼”ではなく“信仰”です)

 

 

 

 

 さてここからイベントではなく辻本くんへの感情を。

 

 私は推しに死ぬほど売れてほしいタイプの人間です。定義なんて分かりませんがスターになってほしいです。ドームライブ毎回満員で、ふと全国放送のテレビをつけたらボイメンがいて、バースデーイベントは大きいホールでやって…辻本くんにスターになってほしい。

 

 正直、辻本くんの明るさと誠実さと愛嬌があれば芸能界であってもなくても充実して生きていけると思います。売れてないときにボイメンを辞めて教師にだってなれたはず。

 でもそんな中で変わらずボイメンの辻本くんとして存在してくれて発信してくれることが本当に特別なことだと感じました。

 ファンからの「ボイメン辻本くん」という残酷な願いに一人の人間を縛り付けているのではと思ったこともありましたが、辻本くんがバースデーイベントでボイメンとして達成したいことを語ってくれて、余計なお世話だったかもしれませんね。私は辻本くんのおかげで楽しく日々を送る多数の中の一人のファンとして生きることでしょう☺️

 

 

 

 

 辻本くんの

自分をちゃんと肯定しているところが

自分の価値を分かっているところが

ツイッターにマメでノリノリなところが

発信する言葉を大切にするところが

ライブ中にメンバーと楽しそうに目を合わせるところが

歌で気持ちを伝えるところが

一番遠くまでハイタッチに来てくれるところが

バラエティで自分を貫くところが

仲間を思い続けるところが

大好きです。

 

こんなに沢山素敵な要素を持っている辻本くんに全世界に見つかってほしい。

老若男女から応援されるスターになってください。

 

 

 

 

 さぁ!!

 “28歳の辻本達規”というお祭りが今日から一年間開催されますが初日はみなさんいかがおすごしでしたか?

 辻本くんもブログで言及されていましたが、私の人生が楽しくなるように無理のない範囲で辻本くんを応援していきます🙌

 

 

 辻本達規さん、28歳のお誕生日 おめでとうございます!

 

 

辻本達規が“覚醒”した

 

(このブログはAudition blue5月号の感想です、写真等は貼りませんが少しの情報も気になる方はお引き取りください)

 

 

 

 辻本くんが載っているAudition blue5月号を読みました。

 

 

 

 Audition blueさんではこれまでボイメンのメンバーがソロでグラビアとインタビューを受けていて、辻本くんが所謂トリでした。

 他のメンバーのAuditionblue発売時にそのメンバーのファンが死屍累々とツイッターで感想や感情を吐露していて、「そんなにもAuditionblueさんは素晴らしいのか」と他推しを眺めていました。

 もちろん素晴らしいことは分かっていたけど正直よくある雑誌グラビアと似たようなものだろうな…と予想していて(失礼)。辻本くんの大衆イメージのように“グラウンドで爽やかショット!”とか“上裸の日本男児!”とかそういうものが来るんだと思ってました。

 発売前に辻本くんの撮影ショット(オフショットではなく撮影ショット)が告知されなかったこともあり、不安のようなものを抱きながらページをめくってみました。

 

 

 

 辻本くんのグラビアの1ページ目に今まで見たことがない辻本くんがいました。そんな表情が目線ができるなんて知らない、見ていいのかと混乱。

 その1ページ目の煽り文に

邪魔するものは何もない。

あるのは自身のポテンシャルを最大限に引き出そうとする肉体と、

その肉体の躍動が魅せる一瞬を切り取り続けるカメラマンのみ。

逃げ場のない極限まで張り詰めた緊張感のなか、カメラマンとの真剣勝負でさらけ出された、誰も見たことのない辻本達規がここにいる。

と書いてありました。これは危ない。見ていいのか分からないけど見たい、見なければいけないという感情に駆られて読み進めました。

 

 

 次の衣装はスーツ。大人の色気というか着こなしの品性が感じられ、推しの印象が5歳児なオタクは息を呑みました。

 辻本くんがバラエティやライブやトーク中に一瞬見せる気怠げで何を思っているのか分からない、でも次の瞬間には“ボイメンのつーじー”に戻る。その時の一瞬が切り取られていました。その一瞬にハッとさせられ感情が渦巻きます。

 

 

 次の衣装は麻のような白シャツに柔らかいデニムというシンプルなもの。

 そこには気怠げな辻本くんと、素の無邪気な辻本くんと…何といえばいいか分かりませんが新しい見たことがない辻本くんがいました。

 その新しい辻本くんは恍惚としているのか、何かに心酔しているのか、反抗なのか諦めなのか、壊しているのか守っているのか。1つの写真から情報が脳に入っては出ていきを永遠に忙しく繰り返す。そんな混乱の集合体でした。

 そしてこの写真からも色気のようなものを感じたのですが、辻本くんは脱いでいません。腹筋が見えるショットがひとつあるぐらい。その色気は荒く研いだ刃物のように美しく脆く魅力的でクラクラとしてしまいます。

 

 

 

 グラビアも素晴らしかったですが、もちろんインタビューも素晴らしかったです。グラビアが“知らない辻本くん”とすればインタビューは“知りたかった辻本くん”という感じ。

 インタビューを読んだ印象としては、辻本くんも撮影のときの自身に驚いたのかもしれないと思いました。辻本くんの危なっかしい“硬派”も感じ取れて本当に自分の中にひとつ芯がある人だなぁ、と。

 

 

 辻本くんは未完成で予測不能なのが面白いと前から思っていて、じゃあ辻本くんが伸びた先はどうなるの?どう伸びるの?とはあまり具体的には考えれていませんでした。

 でもその辻本くんの未完成で予測不能な部分を撮影の荒木さんや文章の西森さんやその他まわりの人が、丁寧にかつ荒々しく引きずり上げてくださった感覚です。

 意識の底なのか裏なのかはるか上なのかは分からないけど、こんなに辻本くんに刺されたような感情になるとは。

 

 

 今回のAuditionblue、辻本くん推しはもちろん見るべきだと思いましたが、他推しの人にも見てもらいたい。あわよくばどんな風に思ったのか聞きたいとも思いました。まぁ自分が上手くこの感情を言語化できてないのにそれを他人に求めるのもわがままな話ですが…

 

 

 本当にAuditionblueさんにボイメンをソロで取り上げてもらえてよかった。辻本くんがソロで取材されてよかったと思いました。

 今回でボイメンの掲載は一旦終了とのことですが、またぜひAuditionblueさんでボイメンを見れる日を楽しみにしています。

夏コスメでボイメンを推す!

 

f:id:anne44149trb153:20190318163331j:image

(指が太くて短いのがコンプレックスなのでスタンプで隠しました)

 最近どハマりしているロレアルの新作マットリップです。本当に軽い。マットリップじゃないくらい軽いのでもそっと感が苦手な方におススメです。

 気に入りすぎてオンライン限定のルビーピンクもポチりました。早く届かないかな〜〜🥰

 

 

 

 

 

 さて、夏の新作コスメの時期が近づいてきました🥰

最近の傾向としてカラーメイクが流行ってきましたね〜〜。新作コスメをチェックしていてカラーバリエーションに驚きました。

 

 

 

 ということで今回は「ドキッ?!あなたの推しを意識しちゃう?夏の新作コスメでボイメンを推す〜〜✌️」のテーマでブログを書いていきます。

 今回取り上げるのは特にカラバリが多かったもの、イメージカラーを意識できるものです。ボイメンは10人ですが、流石に全て10色というのは難しいので独断と偏見で選ばせていただきました。

 本当はプチプラとデパコス半々でいきたかったですがそうはいきませんでした。ほとんどデパコスになりますがぜひ読んでやってください。

 そして夏の新作コスメではないものも出てきます。本末転倒ですが気にしないでください。私は気にしてません。

 

 

早速

 

 

1.PAUL&JOE

イカラー L 全5種   各¥2500

f:id:anne44149trb153:20190318150301j:image

f:id:anne44149trb153:20190318150154j:image

(画像はこちらのサイトよりお借りしました ) 

 こんな綺麗に10色に分かれてることあります??なんとなくですが水野平松、田村勇翔、小林吉原、田中土田、辻本本田に見えて衝撃を受けました。今回のテーマのの記事を書くきっかけです。私は辻本本田を買う予定です。(辻本本田ではない)(オタクの悪い癖)

 引用先のサイトには載っていますが、これ以外にもリップやネイルも発売です。ポルジョの先端が猫の形をしたリップは買ったことがないのですが、あれは猫がすり減っていくシステムですよね…?まぁ可愛いので余裕があったら買いたいのですが。

5/1発売

 

 

 

2.ANNA SUI 

ネイルカラー トッパー  各1200円+税

f:id:anne44149trb153:20190318151114j:image

ネイルカラー A  各1200円+税

f:id:anne44149trb153:20190318151154j:image

(画像はこちらのサイトよりお借りしました)

 私は現場の日は爪に色をぶちまけていきたい人なのでついついコスメ売り場でかわいいマニキュアを探してしまいます。

 単色塗りだと色がキツイと感じてしまう方はネイルトッパーだけでもかわいいですよね!

4/5 発売

 

 

ウォータリー アイカラー  各2500円+税

f:id:anne44149trb153:20190318151855j:image

ヘアー スパークル  各2800円+税

f:id:anne44149trb153:20190318152009j:image

(画像はこちらのサイトよりお借りしました)

 アナスイはカラーメイクのイメージがありますし、パッケージも惹かれますよね〜。夏の新作ではマーメイドを意識しているそうです。

 上のリキッドアイシャドウはラメというより偏光パールらしくとても気になります。前世がカラスなのでキラキラしたものには目がないのです。

 下は髪につけられるヘアーグリッター。私はヘアーグリッターなるものを付けたことがないので見るだけでドキドキします。アナスイはヘアー、ボディーパウダーを多様に出している印象があるのでいつか挑戦したいですね。

4/26 発売

 

 

3.LUNASOL 

ザ ライティングカラーアイズ  ¥10000

f:id:anne44149trb153:20190318153639j:image

(画像はこちらのサイトよりお借りしました)

 10色のアイシャドウパレットです。ルナソルは上品なお姉さんのイメージがあったのでここまでカラフルなパレットが出るとは驚きました。春の全ベージュ系パレットとは180度違いますね。ラメもきっとかわいい🥺

5/10 発売

 

 

 

4.GUERLAIN

イットカラーコレクション ケース  各2700円+税

f:id:anne44149trb153:20190318154814j:image

f:id:anne44149trb153:20190318154824j:image

(画像はこちらのサイトよりお借りしました)

 ゲランから新しく8色がリップケースに加わります。これでケースは全24種になります。ゲランは本当に大人な感じで…憧れです。リップケースって結構リップを選ぶ上で結構な加算ポイントになるので、もっと私がゲランを胸を張って買えるぐらいになったら買い占めたいです。

4/1 発売

 

 

 

5.UZU

アイオープニングライナー  各1500円+税

f:id:anne44149trb153:20190318155606j:image

(画像はこちらのサイトよりお借りしました)

 夏の新作ではありませんが紹介させていただきます。

 フローフシの移行ブランドのウズからカラーライナーです。夏フェスとかで目尻にグッと付けていきたいですね〜〜!ナチュラルに使いたい方はピンク系の色を目頭や目尻の粘膜に近いところに引いたり、白系を黒目の下に引いたりするといいかもしれません。

3/14 発売

 

 

 

6.JILLSTUART

f:id:anne44149trb153:20190318160107j:image

(画像はこちらのサイトよりお借りしました)

 「これがおすすめ!」という特定のコスメではありませんが田村さん推しのオタクに向けて紹介させてください。

 なんとテーマが「幸運を呼ぶ“ブルーバタフライ”」。ジルの「幸運を呼ぶ“ブルーバタフライ”」。

 何を言いたいのか分かりましたね?

 ボディーケア用品やリップコスメがラインナップされています。詳しくは引用先のサイトからご確認ください。

5/3 発売

 

 

 

7.毛穴パテ職人

フィニッシュキープパウダー   1800円+税

f:id:anne44149trb153:20190318160950j:image

(画像はこちらのサイトよりお借りしました)

 あの毛穴パテ職人から仕上げ用パウダーが出ますよ皆さん!!!

 毛穴パテ職人の下地は夏でも崩れないと有名なので夏に現場を控えた方はこのパウダーも要チェックですね。ちなみにSPF30+ PA+++らしいです。

 プレストタイプなのもメイク直しにも使えるのでありがたいです。

4/23 発売

 

 

 

 

今回のブログは以上になります。

 最初にあげたテーマであるカラーメイクとはそれていきましたがまぁいいでしょう。

 

 コスメで気分を上げて今年の夏も自分ができる範囲でボイメンを応援できますように😌

ブルクレツーマンという天国

 

 

 先日「水野辻本ツーマンライブ〜もう俺たちは乗り過ごさない〜」に行ってきました。

 

 

 私は辻本くん推しですがボイメンのコンビの中でブルクレが一番好きなのです!ツーマンの告知があった時から昨日までずっと楽しみで、ツーマンのことを考えると楽しみすぎて本当に吐きそうでした

 

 

 そんな中ライブ前日に投下されたこちらのツイートによりオタク大爆死。

 テンションも上がりさぁいよいよ当日になるぞ〜!と朝イチの新幹線でガンダする私はベッドに入るわけですが、楽しみすぎて眠れない。現場に向けて体力を残したいのに眠れない。

 結局一睡もできないまま名古屋に向かいました。わしゃ小学生かぁ!(ノブ

 

 

 

 

 名古屋到着

 

 

 

 シアターにて物販。

 私はまだカレンダーを入手していなかったので物販のお兄さんにカレンダーを頼んだところお兄さんがバカでかい画集みたいなのを取り出してきました。明らかに遠征民が買うべきものではないと瞬時に察知しましたが流石のチキン、他の商品に変えてもらうこともできずバッグに詰め込みます。バッグに入りきるわけもなくカレンダーがバッグから城壁のようにはみ出しましたがしょうがない。

 

 

 物販から会場まで時間があったのでシアター近くのスタバで時間を潰しました。そこにはバッグからカレンダーがはみ出しているオタク複数人、ブルクレという単語が前の人から聞こえる店内。ぼっちの私は初めて飲んだホワイトモカの味も分からないほど緊張していました。結局あれは何と何を調合していたのでしょうか。

 

 

 

 そして開場待ちでシアターの階段に並んでいると、美人なお姉さんに整番を聞かれました。そこから一人参戦同士で世間話をしていると、お姉さんが私の地元から遠征してきたことが判明。隣になったおひとりさまのオタクの共鳴ほど頼もしいものはありません。

 

 

 当然のように隣でライブを見ることに。しかも二列目。二列目!!!!私のオタク人生の中で群を抜いていい整番だったぐらい運が良かったです。二列目って前の人の肩の間に入れるので視界が広い。ステージ近い。あぁ今日が最高到達点になってしまいそうだと思いながら開演を待ちました。おいおい同じことをブルクレトークイベントでも思ってたぞ???

 お姉さんとブルクレいいですよね、強いですよねと話しながら待つので全然苦ではありませんでした。ナゴドでのBOYS AND MENよろしく可愛いの具現化でしたよね〜とか、レディバイの辻本くんはスーパーアイドルですよね、とかも話しました。

 

 

 

 と言ってるうちに子供たちが出てきました。ベイビーズです。まじでちっちゃい。最年少の子は9歳で、自己紹介の時に「9歳…?!」とオタクの声が揃っていました。

 そしてまさかのドリソル。思わず沸いてしまう会場。初めて見るドリソルがまさかベイビーズとは思ってもいませんでした。旗を一生懸命振り回すベイビーズにほっこりしました。

 

 

 

 

 

 しばらくしてかかるノーリミ。私のテンションが一気に上がります。

 

 

 

 

 ふわ〜〜っとブルクレが出てきました。髪をトリミングしてかわいい辻本くん、ヒゲが生えてちょっと痩せて大人の色気がある勝さん。もう幸せ。

 

 内容については沢山の方がレポしていらっしゃるので個人的に沸いたポイントを書いていきますね。

 

 

 まずはオープニングトーク。まさかの辻本くんが前日も新幹線を乗り過ごしそうになったことが判明。起きない隣同士のつじぴん。勝さんに「起こしますか?」と聞くマネージャー。それを断り連結部分からニヤニヤして見る勝さん。結局勇翔くんが直前で起きて辻本くんを起こしてくれたそうです。辻本くんが自分で「俺全然学ばんなぁ…?」と言っていました。

 

 

 一曲目「BOYS AND MENよろしく」

 お姉さん!!!!!!ぼいよろが!!!!!ぼいよろが見れます!!!!!曲振りの瞬間お姉さんと肩を寄せ合いました。こちらのお姉さんとは20分前に初対面です。

 最初の二曲は自分のパートだけを歌い踊るというコンセプトだったのでなんともシュール。辻本くんパートの「帰れ」は音源通りの冷たさで、オタクが「……っひゃ〜〜…!」と言っていました。私も言いました。

 特にシュールだったのは本田くんパート。ステージの両端後方でランダムにお辞儀をするブルクレ。真顔のブルクレ。

 眼福だったのはゆーちゃむパート。「あいらぶゆーらぶ“ゆーちゃむ”!」でブルクレのゆーちゃむポーズを見れました。かわいい。

 

 

二曲目「チョコレートプリンス」

 最初の振り付けのポーズをとった時点で悲鳴をあげるオタク。イントロで再度悲鳴をあげるオタク。地獄のような天国です。

 チョコプリの辻本くんはウィンクばちこんきゅるるんスーパーアイドルという私の大好きな辻本くんです。まさかの2番サビがマジで私の目の前で、そのウィンクの度にペンライトをぎゅっとしてしまいました。

 顔を正面に向けて腰をかがめて両手を左右に振る振り付けのときも同じように目の前だったのですが、その時の辻本くんの瞳が本当に綺麗で……それにびっくりしました。この世で一番純粋で濁りのない美しい瞳でした。

 

 

 

 

 ギネスチャレンジコーナーでは、できるもんツーマンでもやったボールパスに挑戦していました。

 勝さんのドカンがボールパスに不向きだと言う話になった時に「脱いで〜〜!」と叫ぶオタク。勝さんが「ひとり五万な」と返した時に会場沸きまくり。冷静な辻本くん。

 辻本のお尻がでかくて俺の尻に当たるんや!と勝さんが辻本くんに尻の空気を抜くことを提案。辻本くんの尻がしぼむことは私にとって大問題なので、この世のお尻が空気でできていなくて良かったと思いました。

 

 

 

 

 

 三曲目「レディバイ」

 お姉さん!!!!レディバイが来ました!!!!!!!!!どうしましょう!!!!!!!!

またお姉さんと肩を寄せ合いました。レディバイって力の限り推しの名前を叫べるオタクポテンシャル発揮曲ですよね。最高。

 1番では勝さんに、2番では辻本くんに愛を込めるという優しいパート割でした。辻本くんのレディバイってちょくちょく見れるけど勝さんのレディバイってレアですよね。しかしレディバイがかかった時点で私の理性は弾け飛んでいるのでそんなことも思いつかず推しばかりを追って見てました。

 

 

 四曲目「前のめりminority」

 「地面蹴って飛ぶんだ」の時に私の斜め前の方に向かって勝さんが強面の形相で「飛べ〜〜!!!」と煽っていてとても良かったです。めちゃくちゃ怖かった。

 最後のポーズでは辻本くんが前のめる方でした。ありがとう。なぜか二人ともにこやかな表情でポーズキメてました

 

 

 

 

 ボックストーク。スタッフさんからの質問が入っていました。

 その中でインスタのストーリーにあったつじほん尻トレーニングの話になったのですが、辻本くんが長テーブルに肘をかけて実践していると長テーブルをいきなり蹴る勝さん。崩れ落ちる辻本くん。割と心配で悲鳴をあげるオタク。笑いが止まらない勝さん。

 なぜかこの後同じ流れをするのですが、オタク放置で自分たちが面白いと思うことをやるって感じがブルクレだなぁと思いました。こういう場面が何回かあったのですがその度にこれが好きだなあ!と感じました。

 

 

 

 最後「forever&always」

 このときの曲振りで、「次はみんなで一緒に歌える曲です!上手に歌える人〜〜?!」と辻本くんがお兄さんボイスで煽ってきたため私はてっきり最後にボイメン体操が来るかと思いました。流石のブルクレでもそれはしなかった。

 最初の「いつも いつまでも愛してる」でオタクが言う前にフゥ〜〜〜〜!!と冷やかす勝さん。幸せかよ

 f&aでは辻本くんのハニーボイスが炸裂してて私は昇天しました。脳が溶かされる。辻本くんも勝さんもジャイアンボイスではあるけど、歌声は真逆って感じがします。

 

 

 そして幸せなままライブもエンディングに。

辻本くん、「次もこの二人でライブがあったら来てね〜!」と言いましたね?言ったからにはやってくださいいつまでも待ってます。

 

 

 

 その後のツーショにも参加しました!ご機嫌だったのか、接触で最近頑張ってるスクワットのことについて質問するとスタッフさんの剥がしがあってもしゃべり続けられて、「やべぇ……厄介に思われちまう……」と小心者は早くハケることに力を注ぎました。

f:id:anne44149trb153:20190219142326j:image

 

 

 

 

 

 いや〜〜〜〜楽しかった!!正直ブルクレだから二曲ぐらいしか歌わないんじゃ?と思っていたのでびっくり。

 やってる本人たちが楽しそうな場面がいくつもあって、見てる側として幸せでした!

 

 

 第2回はZeppでお願いします

ユニバイベ東京の振り返り

 

 名古屋までの道中でこれを書いています☺️

 

 突貫ながらもブルクレ意識の爪にしたので見て!!!!!!!私よくやったよ!!!!!不器用ながらもよく頑張った!!!天才か?!?

f:id:anne44149trb153:20190216233823j:image

 

 

 

 気が向いたので、今更ながらユニバイベ東京の振り返りをしていきます。

 

 メンバーとの写真を自分のカメラで撮れるユニバーサルミュージックの限定イベント。参加したことは過去にありましたが、今回初めて各部で自分の服を変えてみました!…といっても既存の服をただ着替えるだけで三回ですが…。

 

 

 

 

 一部の辻本くんナポレオン、二部の辻本くん法被、四部の辻本くん白学ランに参加しました。

 

(自分の顔を隠したツーショを一瞬だけ載せていましたが、やっぱり怖くなったので消しました)

 

 

 

 普段は“ツーショが離れすぎてピンショ同然になる芸人”として活動していますが、これは法被の袖のお陰で近づいて見えますね。

 ここで「帽子を後ろ向きに被っている今、私はナゴヤドームでの辻本くんです!さぁ採点をどうぞ!」と言える強心臓があればよかったのですがそんなこともなく。

 ふつうにオープニングの和太鼓の話をしました。

f:id:anne44149trb153:20190216232501j:image

 いや違う大きさので練習してたんかい……よほど筋肉が備わってないといきなりあの大きさは難しいぞ……

 

 

 

 なんとなく衣装替えに一種の憧れがあったので各部のテーマに合わせて「どんな服にしようかな〜!」と考えるだけでもウキウキでした!

 一部はナポレオンだからちょっと上品で、でもスカート着たいなぁとか。白学ランならこっちも白でしょ!とか、イベントの前の準備段階って自分の戦闘値を上げる感じがしますよね?ばっちこいです。

 

 

 中には学ランやナポレオン衣装を自分で作っていたり、ネタ枠で凝った衣装を作っている方もいて、上には上がいるもんだなということです!私はそこまでの戦闘値にいかなかったので、来るべき時が来たら作ってみたいです(言うだけタダ)

 

 

 

 今日はブルクレツーマンライブに参戦です。

告知があった時から死ぬほど楽しみにしていました。

 いつまでも続いてくれ終わらないでくれブルクレツーマン。

初めて舞台挨拶に行ったよ!

 

 昨日、お台場一部の「ジャンクション29」の上映とその舞台挨拶に行ってきました!

 

 

 ギリギリで行けることになり、親切な方にチケットを譲っていただいて参戦しました。

 

 

 私の推しの辻本くんは関わっていないから楽しめるかな〜というくだらない心配をしていましたが、そんなものは一瞬で吹き飛びました!

 

 映画の舞台挨拶に行くのはこれが初めてで、私の行ったお台場の一部では上映後の舞台挨拶でした。

 

 ネタバレになるので内容については触れませんが、映画を見ている時に四人をボイメンだと思わなかったのが自分の中で面白い体験でした。

 

 私がオタクとして好きなのは「結婚の条件」で、ストーリーが好きなのは「バズる」、言葉の勢いが好きなのは「ツチノコの夜」、演出が好きなのは「ジャンクション」という印象です。

 

 

 そしてその後の舞台挨拶。

 特に小林さんと本田さんはゆーちゃむと本ちゃんになって登壇されていて(それはそう)、演技するってなんて凄いことなんだと感じました。

 

 一部の舞台挨拶では、ここのシーンは実はこうやって撮っていたんだよ、とか監督から見た四人の印象などをお話しされていました。

 

 同じ映画を映画館で二回見るという経験をしたことが無いので、裏話を聞いて機会があればもう一回映画館で見たいなと思いました。

 こうやって“好き”から自分の経験が広がっていくのですね。

 

 

 今回の舞台挨拶で驚いたのは小林さんの“場を作る力”です。

 

 登壇時の独特の静かな雰囲気を「アイラブユーラブ」のくだりで暖かなものにしたり(必ず耳を塞ぐ勝さん)、 途中でなぜかゆたこワイフと本田ハズバンドが水野義兄にご挨拶する即興コントがあったり、流石だなあという感じでした。

 

 

 フォトセッションもあり、偶然持っていっていたデジカメを起動させました

f:id:anne44149trb153:20190203001009j:image

f:id:anne44149trb153:20190203002105j:image

f:id:anne44149trb153:20190203002118j:image

 

 

 

 一部では田中さんの表情があまり変わらなかったですが、二部では少し微笑んでいたらしくて良かったです。

 

 

 

 初めての舞台挨拶、他推しが行っていいものかと心配していましたがとても素敵な体験でした!また行こう〜〜っと!!!!

 

 

 そしてその後に行ったボイメンのコラボカフェで、最初にきた4枚がジャンクション29のメンバーで少しゾッとしたのはここだけの話?ですね(*☻-☻*)

f:id:anne44149trb153:20190203001654j:image

ボイメンのパーソナルカラー…!

 

 

 

 ボイメンナゴヤドームライブ、おつかれさまでした!(今更)

f:id:anne44149trb153:20190128163912j:image

 

 私はライブに向けて長い期間ワクワクして生きるという体験が初めてだったためとても楽しかったです!

 

 なんといっても「ボイメンがいるから全国、世界から名古屋にボイメンが好きな人たちが集う」のを実感できて感動しました。

 

 次がいつかなんて分からないけど、2回目のナゴヤドームライブが楽しみですね〜!あとアリーナツアーもですね!

 

 

 

 

 さて、質問箱にこんなお題をいただきました!

f:id:anne44149trb153:20190128170524j:image

これは楽しい!せっかくお題をもらったのでやってみようと思います。

 

 

 回答でも言及しましたが、私はプロではないのであくまで“予想”です。ご了承くださ〜〜い!

 

それにしても写真から判断するって難しいんですね…やはり芸能人なので色味が加工されてたりするので……でも予想だから!

 

 

早速

 

 

パーソナルカラーって何?

と思った方にはまずこちらのサイトを…

 簡単に言うとその人に似合う色のことです。

 同じピンクでもコーラルピンクが似合うのか、青みピンクが似合うのか、ベージュピンクが似合うのか…というその人に似合う色の系統を指します。

 

 大きくはイエローベース春ブルーベースイエローベース秋ブルーベースの四つに分けられることが多いです。

 しかし、本当に人それぞれなのでイエローベースなら春秋どちらも似合う人や、イエベ春とブルベ夏のハイブリッドという人もいます。

 

 

 

 では、私のボイメンメンバーのパーソナルカラーの予想は…

f:id:anne44149trb153:20190128173416j:image

 

 判断した材料は

・ツタトラ公式サイトの私服

 

・Audition blueの表紙

f:id:anne44149trb153:20190128170857j:image

 

・ボイメンⅩの表紙

f:id:anne44149trb153:20190128171321j:image

 

・過去のユニバイベの私服おすそ分け

 

・私服風衣装

 

・脳内で女装させてどの色のチークが似合うか

…という感じです。

 

 

 

 一番困ったのは田中さん!髪型がコロコロ変わるように本人の雰囲気も変わりすぎて……

 ブルベ夏オンリーかなと思っていましたが柔らかい雰囲気の春カラーの衣装も似合っていたのでイエベ春も入れました。

 

 実は本田くんもちょっと迷いました。こちらもブルベ夏オンリーと思っていましたがあまりにもイエベ春っぽい女装が似合っていたので…

f:id:anne44149trb153:20190128174436j:image

 しかし白ランの似合い具合や、この前のB-PASSの発光感が凄まじいのでブルベ夏だけを表記しました。

f:id:anne44149trb153:20190128174851j:image

 

 

 

 割とすぐ決めたのは小林さん、平松さん、勇翔くん、吉原さんでした!

 小林さんは蛍光っぽい黄緑さえも味方につける点でイエベ春。

 平松さんは脳内で女装させたときにテラコッタメイクが似合っていたので(?)イエベ秋。

 勇翔くんは凛とした顔の強さとモノトーンコーデの雰囲気からブルベ冬。

 吉原さんは直感でイエベ秋(すみません)

 

 

 

 辻本くんは迷いに迷ってブルベ夏とイエベ秋のハイブリッドにしました。

 もともとなんとなく、ドラMAXの衣装が似合ってるし肌に赤みもあるし辻本くんはブルベ夏かな〜と思っていました。

 しかし黄色みが強い金髪がばちぼこに似合っていたのに対し、下の画像の白みのある金髪があまりにも似合っていないこと。

f:id:anne44149trb153:20190128180021j:image

そしてオデブルの秋カラーの茶色のアウターや辻本くんの私服の同じようなものがしっくりきたことからイエベ秋か!と考えを変更。

f:id:anne44149trb153:20190128175946j:image

……と思っていたところにブルベ夏カラーのウィンターウェアで透明感爆発。

f:id:anne44149trb153:20190128180408j:image

ということで、辻本くんはハイブリッドにしました。

 

 

 

 

 私が勝手に予想したボイメンのパーソナルカラーは以上になります!

 実際にドレープをあてないと分からないですよね〜、でも楽しかった〜〜!

 

 

 ぜひ有識者の方々、意見をください!

 

 

 また自分のパーソナルカラーに興味を持った方は受けてみてはどうでしょう!

 デパートでもやってますし、私は個人サロンで診てもらいました。

 布をあてるだけで新感覚って感じでした…!